» » 宝島社 リンネル9月号のP−117「麻生久美子さんと行く 私らしくデイキャンプ」でドクターヘッセル インセクトポイズンリムーバーが紹介されています。

宝島社 リンネル9月号のP−117「麻生久美子さんと行く 私らしくデイキャンプ」でドクターヘッセル インセクトポイズンリムーバーが紹介されています。

インセクトポイズンリムーバーは蜂、蚊、毒虫等に刺された時、毒液を吸引作用で抽出する応急手当器具です。

小型で軽く、誰にでも手軽に使用でき、傷口に応じてカップ両側のマウスピース面を差し替えて使用できます。

キャンプなどアウトドアライフで、医師の手当てを受けるまでの応急処置として必携品です。また、ご家庭でもお備えいただければ、緊急時に対応できます。ご使用後、先端のマウスピースを洗浄すれば繰り返しご使用いただけます。

インセクトポイズンリムーバーは1983年に発売されから約30年世界で使われ続けています。

ご注意:医師の手当てを受けるまでの応急処置です。必ず専門医の治療を受けて下さい。

コメントする